20代後半になった頃、両頬が赤くかさかさになり、何かのアレルギーか花粉症からの肌荒れと悩み病院へ行きました。

アレルギーはまったくなく、乾燥性敏感肌の可能性と言われ、若い頃から脂性でニキビに悩まされていた私はすごく驚きました。

自分で脂性のままと思い込んでいて、化粧水はさっぱりタイプ愛用、乳液などもベタベタするからと使っていなかったのですが、それが悪循環できちんと乾燥を防ぐスキンケアをしていなかったために、乾燥を防ぐために肌が反対にたくさんの脂を出してしまうようになっていて、脂性のままと思い込んでいただけでした。

そこから乾燥肌用のスキンケアを使い始めたり、お風呂上がりや洗顔後にすぐしっかりと水分を補った上に乳液やクリームで水分が飛ばないように蓋をしたりと気をつける様にしています。

その効果からか、両頬の肌荒れや赤み、かゆみもなくなりました。

突然そのような症状が発生する可能性もあるので、普段からのケアが非常に大事です。

ai_img_7772_tp_v1

20代前半なら若さで誤魔化せても、30歳前後で一気に来ます。

肌荒れだけでなく、色々な不調が出てくるのも30前後。

そうならないために、被害を最小限で食い止めるために、日頃から肌のケアや健康対策に力を入れたいと思うこの頃です。